スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーブと虫の涙

南多摩は多摩地方の中では少しは暖かいのですが(でも、都心や横浜よりはかなり寒いです)
さすがに最低気温が10℃近くまで下がってくると朝はストーブに火を入れます
そんな中でも屋外では少数ながらまだ頑張っている虫達がいます
ただ、写真の
R0016001.jpg
オンブバッタも
チャバネアオカメムシも
R0015990.jpg
温度の低い時はほとんど動けません(触っても逃げることもできません)
朝はお日様が昇りそして温度が上がるまではとじっと寒さに耐えています
虫達についた朝露は、流した涙のようですね

写真はいつもの多摩の散歩道にて
スポンサーサイト

必殺のボーベリア

多摩の散歩道を歩いていたら林縁の草の中に小さな白いものを見つけました
P1060073.jpg
よく見てみるとそれはカミキリ虫でした
さらに歩くと同じようになったカマキリも
P1060108_edited-1.jpg
いずれも寿命を迎えてこと切れたのではなくついさっきまで生きていたという感じです
それでちょっと調べてみたところボーベリア菌の仕業ということがわかりました
ボーベリア菌は大きく分ければ冬虫夏草の仲間だそうです(こちらは食べられないのかも)
生きた昆虫にとりつき寄生し、ある時急に成長して(寄生した)主を必ず殺すとのこと
恐ろしいですね、映画のエイリアンを思い出しました

このボーベリア菌を害虫駆除用の農薬として販売しているとのこと
人間には無害ということらしいのですが・・・・・
決まった種にだけとりつくのならまだしもですがそれ以外の昆虫にも感染するようですから
生態系を考えると少々問題がありそうです

朝靄とT2

今朝は久々の快晴
こういう日は西に見える丹沢や大菩薩、奥多摩などの山並み見物でもいたしましょうと
日の出前にご近所の丘に登ってみたら・・・あさもやで霞んでいるもんなあ
こういうときは近くの里山でもちょいとばかり歩けばいいさ
R0016040.jpg
(こちらも当然、もやっておりました)

それで里山の広葉樹の天辺では2羽のシメがツィーツィー(T2)と鳴いていました
昨晩あたりに飛来したのかなあ?
北の国からの長旅、お疲れさまでした。ゆっくり休んでくださいね
06_11大島のシメ
シメは通常はピチッピチッと鳴きますがツィーツィーとも鳴きます
ツグミの場合は(通常は)キョキョッと鳴きますがこちらもツィーツィーとも鳴きます
このツィーツィーがよく似ていて聞きわけには少し苦労しますよね
まっ、それも冬のバードウォッチングの楽しみのひとつなんですけど~?
ややこしや~、とか考えつつ小一時間のお散歩終了でございます

写真上はいつもの多摩の散歩道にて、28日撮影
下のシメは2年前に撮影

ヒッ、チッ、ツィージャー

R0015977.jpg
多摩の丘陵地にもまだ少ないながらも冬の小鳥たちがやって来ました
ヒッヒッ・・・・・・・と鳴いているのはジョウビタキ
チッ・・・・・・・・・・と鳴いているのはアオジ
ツィーツィー・・・・と鳴いているのはツグミ
ジャージャー・・・と鳴いているのはカケス
ということで、ヒッ、チッ、ツィージャーって水洗トイレを流す音ではないですから

日曜日は天気予報に反して雨が降りました
ちょっぴり元気だったのは雨が好きな蝸牛だけ
それとは対照的に生き残っている虫たちは雨と寒さに耐えていました
冬の小鳥の到来、色づく木々を見ていると
秋深しという感じです

写真はいつもの多摩の散歩道にて

翼の折れたミサゴ

2007_1225相模川20-60sp3500054
昨年の12月、S川にカモ類を見に出かけたときのこと
河畔にあるひときわ高い木の天辺にとまる猛禽を見つけた
それは右の翼が折れたミサゴだった
(実際は何かしらのアクシデントにより右翼の腱が伸びてしまったが折れているわけではない
=折れていたら飛行はできない)
私は不安になり専門家に電話で問い合わせたところ
「飛べる以上は捕獲はおそらくできないから自然に任せるしかない」とのこと
ただ眼光鋭く毛艶もよかったのでしばらくは生きて行けるのだろうと思うしかなかった

10ヶ月後、同じ場所に出かけてみた
例のミサゴは健在でそして川で狩りをする姿が確認でき少しほっとした
ハンディを持ちながらも逞しく生きるその姿、揺るがぬ生への執念を見た気がした
彼の(彼女?)翼は折れてしまったけど心が折れることは全く無かったのだ
この姿勢は見習いたいと思う

写真は昨年の12月、S川にて
カレンダー(月別)
09 ≪│2008/10│≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

多摩の旅人

Author:多摩の旅人
東京の西の端っこにあるM市在住の・・多摩の旅人と申します・・

散歩で面白いものを見つけてはパシャッ、道草して観察
なんとなく思いついたことを書き綴るという写真&日記blogです
よろしかったらどうぞお立ち寄り下さい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。